スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毒ガス島の廃墟ウサギ

20080822ookunoshima.jpg
毒ガス島から、うさぎ島へと呼名を変えた島。
banner_01.gif
この夏最後の旅行はちょっとした冒険だった。
人を避けてテントを張った入り江が満潮時、予想以上に波が押し寄せてきて行き場を失うピンチ!
眠気に勝てず、とりあえず足が水に浸かれば眼がさめるだろうし・・・と、眠って朝起きてみると
波の跡がテントと焚き火の1メートル手前に。ほんま、ギリギリ。
昼前に出発するにも着た時にあった道(と、いっても岩の上を歩いたのだけど)が海になっており、
崖を登るには壁面が脆くかなり危険。
なんとかツレが上まで登れたので、荷物だけロープで引き上げて、私は島の周りをぐるっと泳いで
ビーチのエリアへと漂着。
一応泳げるとはいえ、満潮パワーを甘くみてたことに反省。
今後、海に行く場合は満潮・干潮時刻をしっかりチェックすると心に誓ったのでした。
<行き>
新大阪-三原 (新幹線)
三原-生口島・瀬戸田港-大三島・井口港-大久野島 (船)
*キャンプで一泊

<帰り>
大久野島-忠海 (船)
忠海-三島-岡山-姫路-大阪 (JR 青春18切符)
*途中、岡山で夕食。

全交通費、往復12000円くらい。

この記事のトラックバックURL

http://deutschland.blog11.fc2.com/tb.php/48-250da4ae

コメント

何だかすごい島なんですね。。
自分は泳げないので想像しただけでもダメです(-_-;)
ご無事だったようでなによりです。

それにしても、野良うさぎ?が普通にいる島なのでしょうか?
廃墟とうさぎ、普段見ることができないような光景でインパクトのある写真ですね^^
お久しぶりです。

みごとな廃屋っぷりですねぇ~。惚れ惚れします(笑)
廃屋をテーマにして、写真を撮り歩いてみてはどうですか?
こんばんは。コメントありがとうございました。
ご無事でなによりです。
大久野島は、こども達が修学旅行で行ったので、
うさぎ達のことを聞いてはいましたが、
素敵な写真を拝見して感慨もひとしおで感動しました。
お返事です
>ディタさん
ここの兎は奈良の鹿みたいなもので、保護されているようです。
島には餌も売っていて、観光客は買って自由に与えることができます。
そのため、写真を撮ろうとしゃがむと、すぐにカメラにぶつかる勢いで近づいて来るので、写真が撮りにくくって・・・
兎って、案外動くの速いんだって、初めて知りました^^;

>すぎもさん
お久しぶりです!!!あの教室にはやはり今期は時間が合わなくって、後半ずっと休んでますーー;
多分、年内は土日無理なんで、年明けてからまたコース取るかなーって考え中。
この島は廃墟だらけでした。戦争時の工場・研究所跡ということで、しっかりと作られていたせいか、それほど朽ち果ててはいないので比較的安全でした。

>satothingさん
海は綺麗だし、オフィシャルのビーチはこじんまりとして安全、戦争の歴史も学べるし、兎もかわいいし。修学旅行に訪れると、それは楽しかったろうと思いますよ。
島を一周ぐるっと歩いてまわっても、大人の足なら40分くらいです。
しばらくは、この旅行中の写真をアップして行こうと思っているのでまた覗きに来てください^^
こんにちは
廃墟にラブリーなウサギ、全く接点のない同士なのに、一緒にいるのって不思議ですね!
廃墟写真大好きなんですけど、ウサギがうつってるのははじめてみました。
うさぎのおかげで島の名前が随分可愛くなったんですね。
うさぎ凄いなぁ。
>猫山さん
廃墟写真、私も好きなんですが雰囲気をそのまま撮ることはまだできてませんーー; 
この島は無人島で、国民休暇村で働く人が兎を持ち込んだのが増えたので、兎を観光に役立てることを思いつかれたのだとか。
守られているから、猫とか犬のペットは島に連れて入れないんですよ。ここの兎は天敵がいないせいかずいぶんと大胆ですw

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。