スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはよー

20090126nekota.jpg
まだ幼かった頃、1月26日朝のネコタさん。
私が朝のコーヒーを入れるためにキッチンに立つと、あわてて起きてやって来る。
ワクワクでいっぱいに毛を膨らませて。

「おはよう、ねーねー、今日はどんなことして遊ぶの?」




20090429nekota.jpg
これは最近、4月29日のネコタさん。ベランダデビュー済。生後7ヶ月半くらいか。
大きくなったけれどまだまだ子供。日々新しいことを覚えてるんだね。

ベランダに猫草もキャットニップも植えてるのに、相変わらずカレーリーフを噛み噛み。猫草はほとんど手付かずって、どーよ。
ディルとミントとレモングラス(!!←普通、ネコはミントと柑橘系の匂いを嫌う)も噛みまくりだしハーブが好きなネコって普通じゃないよね?
種を採るためにいくつかハーブの花を咲かせてるのだけれど、この花を目当てに蜂がやってくる。
それをネコタが捕まえようとするものだから目が離せません。



子供の日にWTCのイベントでモンスターエンジンとガリガリガリクソンとギャロップ見てきた。
何気にガリクソンが一番華がありましたわ・・・(ネタは残念だったけどさ)。
スポンサーサイト

気になる視線

20090430taiyou3.jpg
なんだか見られてる気がする。

20090430taiyou2.jpg
太陽の塔には青空が似合う。でも、カミナリの時にも見てみたい。きっと迫力満点だろうな。

子供時・・・いや、つい3年前まで太陽の塔は私の恐怖の対象だった。
どのくらい怖かったかというと、見ると鳥肌が立った。
なぜかわからないけれど、子供の頃から「白くて、のっぺりしてて、大きいもの」が怖かった。
京都タワーとか、ボーリング場の屋根に設置されてる大きなボーリングのピンのハリボテも見ると鳥肌がたつほど怖い。

30才になってから、この恐怖をなんとか克服しようと、太陽の塔と対峙することにした。
何度か、勝負に挑み(視線をそらせないで向き合った)、今ではすっかり太陽の塔が好きになってしまった。

・・・・恐怖を感じてた時も、今も、結局は太陽の塔にとりつかれてるってことか。
このパワーに勝てるとは思わないけどね。太郎さんは偉大だ。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。